法人インターネットバンキング取引における機能改善(セキュリティ対策)のお知らせ

利用者暗証番号の入力方法変更

安全なお取引のために、キーボードからの入力情報を盗むスパイウェア対策として、利用者のログオンもしくは利用者暗証番号を変更する際の暗証番号の入力方法をソフトウェアキーボードからの入力に変更します。

なお、ソフトウェアキーボードからの入力が出来ない場合には、キーボードから入力することも可能です。


対象となる暗証番号

利用者・・・利用者暗証番号


画面の変更点

利用者暗証番号の入力方法が、「キーボード」の入力から「ソフトウェアキーボード」の入力に変更します。

なお、「キーボードで入力する」のチェックを入れていただくことにより、「キーボード」からの入力が可能となりますが、セキュリティ面より、「ソフトウェアキーボード」から入力することを推奨します。

【利用者ログオン画面】


【利用者再ログオン画面】


【利用者暗証番号変更画面】