法人インターネットバンキング取引における機能改善(セキュリティ対策)のお知らせ

2.資金移動取引のパスワード強化(利用者ワンタイムパスワードの利用開始、再発行方法)

より一層セキュリティを高めるために、資金移動取引において、入力する暗証番号がその都度変更となる利用者ワンタイムパスワード機能を利用を強くおすすめします。
利用者ワンタイムパスワード機能を利用される場合は、管理者が[利用者ワンタイムパスワード]の発行を行い、利用者に通知する必要があります。
利用者は、これまでの[確認用暗証番号]と管理者より通知された[利用者ワンタイムパスワード]を用いて、資金移動取引を行うようになります。
なお、本機能ご利用中に、利用者ワンタイムパスワードを変更される場合も同様の操作となります。


対象となる暗証番号

利用者・・・利用者ワンタイムパスワード(新規追加)


操作内容

【管理者】管理者IDにより、ログオンして、次の操作を行ってください。

@管理者メニューで、[ご契約先管理情報変更][利用者情報登録/変更]をクリックして、利用者ワンタイムパスワードを発行する利用者の「選択」欄にチェックを入れて、[発行/再発行]をクリックします。


A「利用者ワンタイムパスワード発行/再発行確認」画面が表示されますので、「ご契約先確認暗証番号」を入力し、[OK]をクリックします。


B「利用者ワンタイムパスワード発行/再発行完了」画面が表示されますので、[OK]をクリックして下さい。
※表示されている内容を印刷する場合は、[印刷]をクリックします。


C利用者に利用者ワンタイムパスワードを通知して下さい。
※セキュリティ保護の観点から、本人に直接通知し、絶対に他者に知られることのないよう十分注意してください。


【利用者】利用者IDにより、ログオンして、資金移動取引を行い、「資金移動確認」画面に進んで下さい。

@「資金移動確認」画面が表示されましたら、 「確認暗証番号」および「利用者ワンタイムパスワード]を入力し、[送信]をクリックします。


A「資金移動送信完了」画面が表示されます。以降の操作は、従来と同様となります。